英語力とは何か?

この教室で、英語力と考えているのは、

1.自分の読みたい素材を読める力
2.自分の見たい、聞きたい素材を見聞きできる力
3.自分の話したい、書きたいことを話したり、書いたりできる力
4.上記1~3について、分からないことを分からないと言えて、その前提でコミュニケーションを前に進められる力
5.上記1~3の素材や、コミュニケーションの相手を自力で、あるいは他人の力を借りながら見つける力
6.英語の先生に依存せず、自らの英語力を磨く手段を開拓できる力

など、英語を、自分の生活の中で役立てようとする試み、そして実際にどれだけ役立てられているか、と考えるようにしています。

逆に英語力では「ない」と考えていることは、

「テストの得点・英検・偏差値にのみ反映されるような、点を要領良くとる力」

です。しかし、おそらく多くの学校や塾では、これこそが英語力と称されているのが実情ではないでしょうか。英語を学んでいるのではなく、狭い日本のさらに狭いあなたの学校でしか通用しないようなテストの「点」を取るために、暗記やあべこべの和訳、山ほどの問題集、といった苦行の如き日々を3年も6年も送ることを英語の勉強と呼んでいる、と言っても過言ではありません。この教室では、こうしたものにまみれた勉強では英語は一向に使えるようにならず、むしろ時間を浪費するだけの馬鹿馬鹿しいものだ、という前提に立っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中