小学生レッスン体制の変更につきまして

2018年度より小学生は募集対象学年、レッスン回数、時間が変更となります。

1.募集対象:
(旧)小6から
(新)小5から

2.レッスン時間/回数:
(旧)90分+60分の週2回/月6回
(新)60分のみ週1回/月3回

3.変更に至る経緯
これまでの<90分+60分の週2回のレッスン>という形式は6年前、「小6生が9月から始めるレッスン」という前提で設定した短期集中講座に端を発しています。中学入学直前に、より短期間で教室の環境と講師に慣れ、また極力英語に触れる時間を増やすことで、英語へのハードルを下げ、慣れを生み出すことをネライとしたものでした。

このコースは当時小6生のみを対象としていたものでしたが、小5生の入会希望者も多く来てくださり、「小5から週2で英語は少し多いのではないか」という思いが私の中にはあれど、のんびり洋書に触れていくというこの教室のスタイルであるがゆえに害もなかろうと判断し、ひとまずこの形を当時の5年生、また以降の6年生にも適用しここまで運用してきました。

一方で、(1)小学生の集中力の持続時間(90分は学校の授業2コマに相当する時間であること)(2)他の稽古事がある場合の通いやすさ(複数のお稽古事はむしろ今は当たり前で調整の難しい場合も少なくない)(3)他の子どもの学びやアクティビティと比較した場合の、英語週2回の重要度(英語を増やすなら日本語の本を読む時間の方が大事ではないだろうかなど)(4)レッスン時間と効果(上達)との関係(集中力や興味・関心の要素も極めて大きい)(5)英語を学ぶ目的から見た場合のレッスンのあり方(教室にこもって英語の勉強時間を増やすことがグローバルと言えるだろうか、など)の5点を様々な角度から考慮した場合、<90分+60分>というレッスン形態は短期向きではあれど、中長期的に学ぶ場合には現在のところ「余剰」という判断をするに至りました。

今後レッスンを進める中で、さらによりよい形が出てきた場合には改めて変更を加えることもあろうかと思います。例えば、ひときわ英語に興味や関心をもった生徒を対象にレッスン頻度を増やす。あるいは、中学に上がる直前に集中的にとか、プロジェクトを組んで皆で取り組むなど特定の目的を設定した上でレッスン頻度を増やすなど。こうした構想がまた実現する段になりましたら、その時はお知らせいたします。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください